1/19/2015

前回自作リグの改善、科学的に検証してみましたw

昨日はデイ釣行でメバルを狙いながら自作リグの感触を確かめてきました。遠投できてスローシンキングを目指したリグを作りたかったのですが、結果的にはもう少し比重を重くしたほうが良い感じ。まぁこの辺の感触はタックルセッティングにもよるし個人的なものなのですが(^_^;)

ということでもう少し改良をしてみようと早速試作してみました。

北陸の釣果報告を是非チェック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ポチっと応援頂けるとモチベーションUPです

また皆さんのポチっとがブログを書く機動力にもなっていますので是非ご協力を!!

また北陸アングラーの爆釣情報もご確認頂けますよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

使用しする材料は自作Mキャロの作り方とほとんど同じですw飛ばすために重量級のシンカーを使用し沈降速度を調整するために発砲素材の長さを調整するという流れで製作しています。

昨日の反省を生かしては発砲素材の部分を短くしてみることに。

こんな感じで出来上がり!!(試作段階なので詳細レシピは今のところ端折っときます)

参考素材は下記の通り

〜材料〜
板オモリ0.4mm
熱収縮チューブ

〜道具〜
ハサミ
ペンチ
のこぎり
定規
ヤスリ
セロテープ
鉛筆削り


今後闇雲に製作するのもしんどいので今回からリグの比重を測定しておくことにします。いわゆるアルキメデス法で測定、詳しくは説明するには長くなってしまいますのでググってみてください←説明しきれないので逃げてます(^_^;)

ということでサクッと測定したところ、このリグの重さは11.7gで比重は2.39g/cm3でした。

で!?といったところですが、次回の釣行でこの比重をどうしたらいいものか確認していきたいと思います。てか普通にシンキングルアーの比重を測定したほうが早いのかもね(ノ ̄▽ ̄)

まぁ時間があるときにミニマルとかワンダーとか手持ちのルアーの比重を測ってくらべてみたいと思います。

まぁ趣味の世界の中ですがここまでやるとルアービルダーにでもなろうかというくらいな徹底ぶりw!?

さて、この努力がいつかは報われるのだろうか、、、w

まぁご参考になればヾ(◍'౪`◍)ノ゙

是非応援のポチリをお願い致します<(_ _)>

それでは皆さんHave a good fishing(^O^)/

北陸アングラーの釣果速報をチェック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2 件のコメント:

がもん さんのコメント...

えへう先生!
比重の計り方がわかりませ~ん(・д・)ノ

計りに水の入ったコップをのせて、計りたいモノを糸で吊るして、水中に入れて計ればいいですか?

Eheu(えへう) さんのコメント...

がもんさんコメントありがとうございます。
さきほどメールで返信しときましたが、皆さんにもわかるように書いておきます。

比重(g/cm3)というのは単位からもわかる通り重さを体積で割った数字になります。

なのでまず単純にブツの重さを測定をして下さい。

そして次に求めるのは体積です。

体積は立方体や円柱などの場合は縦横長さを測定すれば求められます。

しかし異形の場合はややこしいのでアルキメデス法という考え方を導入します。

アルキメデス法とは超簡単に書いちゃうと浮力=水の密度(1g/cm3)×体積×定数となります。

水で測定すればざっくりと書いちゃうと浮力=体積になります。

具体的には計りの上に水を入れたコップをのせ、そこに糸で吊るしたブツを浸水。底ににつけないようにして増えた重量(浮力)を測定します。

その重量(浮力)が体積となりますので、初めに測定した重量をこの体積で割れば比重となります。

という感じですがよろしいですか!?期末テストに出しますよ〜〜〜w